シアバターの詳細

  • シアバターの詳細について確認してみると、シアバターはアカテツ科のシアバターノキの種子から得られる植物性の脂肪となっております。
  •  
  • シアバターの生産地について見てみると、ナイジェリアやマリ、ガーナなどになっており、食用や薬として用いられることもあるようです。
  • また、西アフリカ諸国にとってみれば、こちらのシアバターは重要な位置付けの輸出品目になっており、彼らにしてみれば欠かせないものになっているのです。
  •  
  • その特性としては、常温で固形になっており、肌に塗ると体温で溶け浸透するようになっております。 シアバターの製造方法について確認してみると、収穫は4月くらいから8月くらいになっており、4月から6月くらいが最盛期となっております。
  •  
  • 夜明けと共に収穫が始まり、これは女性達の仕事になっているようです。 また、アフリカの女性達とシアバターは深い関係があるようで、アフリカの女性達を支えるシアバター関連のプロジェクトなどが行われていることもあります。
  •  
  • このように、日本人にとってはあまり馴染みのないものになっておりますが、海外の人達からすればかなり重要な位置付けのものがシアバターとなっているのです。 そのため、シアバターを利用するのならば、このようなバックグラウンドについてもしっかりと確認しておく必要があるのではないでしょうか。 参考知識として覚えておくとよいでしょう。